INFORMATION

Manufacturer Tajima Glass Co., Ltd.

江戸時代から受け継がれる「江戸硝子」。
私たち田島硝子は、その伝統の火を決して絶やすことなく未来へと繋いでいく。
確かな技術を持った職人たちの手で、一つひとつ丁寧に作られるガラスには、他にはない奥深い味わいと、ぬくもりがある。
熱く、泥臭く、そして、誠実に。そこには、伝統の”今”が息づいている。
伝統技術とは、決して過去のものではない。それは、現代最高の技術であり、今もなお革新し、進化し続けるもの。
50年先も、100年先も、日本の美しさの一部であり続けるために、私たちは今日も、明日も息を吹き続ける。

江戸硝子とは

江戸時代に生まれた硝子製法を受け継ぎ、手づくりで製造されたガラス製品です。
18世紀序盤に鏡や眼鏡等を製造したのがはじまりとされており、明治初期には欧州の技術の導入によって多様なニーズへの対応が可能となり、東京の地場産業として発展しました。
江戸硝子は機械による大量生産品とは異なり、すべての製品がオリジナルの1点もので、手づくりだからこそ出せる深みや味わい、デザイン性の高さが特徴です。
1,400℃ほどの高温で溶かされたガラスを鉄製の棹(さお)で巻と取った後、「吹き」「押し」「延ばし」などの技術を用いてさまざまな器を形づくっていきます。
「江戸硝子」は2002年(平成14年)に東京都伝統工芸品、2014年(平成26年)には経産省より国の伝統的工芸品に指定されました。